ページビューの合計

タナベファクトリー HomePage

2015年7月24日金曜日

ジャイロX ブレーキ鳴き 01 分解編

当店でお買い上げ頂いた車両(ジャイロX後期型ミニカー化車両)のメンテナンスのご依頼。

・アクセルが重い。
・ブレーキがキーキー鳴る。
・フロントブレーキを掛けると違和感を感じる。
・左手のブレーキレバーが遠く感じる。

以上4点のチェックと修理です。

つい昨日も当店で制作進行中のタンデムキャノピーでブレーキ鳴きが起きました。
基本的には同じような作業となりますので、重複しますがご容赦を。
ただ、今回の車両は部品消耗が多かったので、結構たくさんの部品を交換しています。

では早速始めます。

まずジャッキアップして車体を浮かせます。
ジャッキのままだと不安定なので、角材で作った馬に乗せます。


はい、乗りました。

では次にカウルをばらします。
この車両は当店でウレタンオールペイントを行った車両です。
塗膜を傷めないように丁寧にばらします。


はい、バラシ完了です。
では早速メンテナンスです。

 まずリヤブレーキ。
頻繁に乗って頂いているとの事で、結構ブレーキカスが多いです。

それとブレーキカムの摩耗が多かったので交換します。
下の写真で右端の部品を交換します。
(解りやすいようにワザと半分抜いてある部分です)


はい、完全に抜きました。


こちらが抜いた部品です。


外したブレーキドラム(ホイールハブ)は磨いただけでOKでした。


部品を抜いたブレーキユニット側は洗浄スプレーとブラシで綺麗に磨いて、
ベアリングの回転に抵抗がないかを確認いしました。


次にブレーキシューです。

タンデムキャノピーの記事でも書きましたが、
溝付きのブレーキシューでブレーキ鳴きを防止します。

奥2つが溝なしのノーマルシュー。
手前2つが溝加工ありの新しいシューです。


リヤの組み立ては後回しにして、フロント周りのチェックです。



フロントブレーキ時の違和感は、フロントサス周り各部ブッシュの摩耗が原因でした。

まずはサスペンション上部側。


次にサスペンション下部側。


引っこ抜いたこの鉄の部品が交換する部品です。


次にフロントフォーク下部の摺動部です。


内部部品を引き抜くと、オイルシールの破断が有りました。
これではグリスが抜けてしまいガタつくのも無理は有りません。


はい、ココ切れてますね。


で、これらの部品を全部注文しようとしましたら、
なんと、下の写真の金属部品がリコール対象部品となっており、
メーカーより出荷制限中。

この車両はリコール対象のフレームナンバーではなかったのですが、
使っている部品番号が同じせいで、出荷制限の煽りをくらってしまいました。


こちらの金属部品そのものの摩耗はまだ許容範囲内なのですが、
せっかく周辺の消耗部品全て新品交換するのですから、
気持ち的にはこちらも新品にしたいところ。

現在、部品手配を行っています。
部品が届くまでは修理続行不可能なので、修理は中断しています。



とはいえ、ガレージを占有していても仕事ができないので、
結局バラしたホイールなどを仮組して保管庫へ移動しておきました。


尚、この時点で、
パーキングロック以外のすべてのワイヤーケーブルは全て取り外しました。

今回は以上です。
部品が到着し次第、組み立てを含む修理作業を続行します。

虫刺されでアレルギー性の発熱。

すみません。
ここはバイクのブログなのですが、私事をちょっとだけ書きます。

先日、朝起きる際に虫に刺されました。
というか、虫に刺された激痛で飛び起きました。

左のフトモモに激痛が走り、飛び起きて自分の足を見ると、
何やらポチっと1~2センチ程度の赤い腫れが。

以下が患部の写真です。
男の足とか見苦しいので大部分はイラストに書き換えました。



で、
「あぁ、蜂にでも刺されちゃったかぁ、こんなの小学生以来だわ」
と、小学校の頃に遠足だったか家族旅行だったかで出かけた先で、虫に刺されて痛がったことを思い出してみたり。

・・・なんて、ノンキに、考えなきゃ良かったぁ!!

「取りあえず、毒が怖いから少し出しとくべ」と、
プラモ用の精密ニッパーと精密カッターを消毒して、 プチっとな。

にきびを潰すように患部を少し絞り出し、「コレで良し」とか言いながら消毒薬と抗生物質のクリームを塗って放置。

この日、いつもの様に仕事を終え、

作業時の暑さで汗だくの身体を冷やそうと風呂に入る準備をします。

しかしこの異常な量の汗は、後に続く発熱の始まりだったのです。

「さ~て風呂だんべぇ~♪」
と、ジジくさい思いと共にツナギを脱いだ際に気付いたのですが・・・

先ほどの写真で2センチもなかったはずの腫れが、10センチほどに大きくなっていました。

イメージ図。腫れが広がった

これを見た時は、

「ありゃ~腫れちまったかぁ~ やっぱ蜂だったかねぁ~」 と思ったものです。





もうね、  アホかと。 バカかと。

過去に戻って、ノンキに「腫れちゃった」とか言ってた自分を、ぶん殴ってやりたい。

この晩から
熱は上がる、

関節は痛い、

腹は下る、

フトモモは猛烈に痒い、

かといってと掻くと激痛。

と、風邪なのかなんなのか解らない症状が数日。

余裕が無かったので写真は撮りませんでしたが、
途中でフトモモは半分以上がピンク色。
患部は腫れて痒いし…痛いし…

とにかく熱っぽくて、汗はダラダラ、腹は下りっぱなし。

イメージ図。こんな感じ。


流石にヤベーかも、と思って医者に行ったら、サラっと、
「虫さされですね。塗り薬と飲み薬だしますよ」
と。

このあと、その塗り薬と飲み薬でストーーーンと熱も治まり、
今は僅かな痒みと腫れを残すのみとなりました。

いやー、医者の薬は効きますねー(・▽・)


今回の症状は、マンガなんかでも偶にネタになる
 アナフィラキシーショック という物だったそうです。



過去に虫に刺されて身体の中に抗体が有る場合、
その抗体が過剰に防衛機能を発揮してしまって起こる、
「過剰なアレルギー反応」だそうです。

酷い場合は命に影響すら有るそうです。

・・・こえー、(・д・) 虫こえー

刺された直後、ニッパーとカッターで軽く患部を絞りだしましたが、
アレをやってなかったら、もっと毒物が多く体に入ってしまい、
更に酷い事態になってたかもしれません…。


これからの夏の季節、虫刺されには要注意です。
虫に刺されて激痛だった場合は、すぐに病院に行きましょう!

私の場合は抗ヒスタミン系のアレルギーの薬で、症状はかなり緩和されて楽になりました。

皆様もお気をつけて!!