ページビューの合計

2021年2月14日日曜日

2月19日の作業を更新_ヤマハ トリシティ 整備

販売車両のトリシティーの整備を掲載します。

※コロナウイルスによるデリバリーバイク(ジャイロキャノピー)の整備需要が増加し、
仕事のご依頼が非常に多くなってしまい体調を崩しております。

このため仕事量をセーブしてのおりますので、通常より納期が長くかかっております。
修理や納車をお待ちのお客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解願います。

販売車両の整備内容です。

フロントフォークオーバーホール、
前後ブレーキ、
駆動系、
バッテリー、
点火プラグ、
吸気フィルター、
エンジンオイル・ギヤオイル、
などを含め、24か月点検相当の整備を実施します。
(こちらの車両は125ccですが、250cc超バイクの車検時と同じ整備の内容です)


まずはフロントフォークのオーバーホールのため、前輪を取り外し。
ブレーキ整備も同時に実施中です。

前輪を外して車体を吊った状態で2月13日夜の地震が来ましたが、
ラッシングベルトを大量に掛けてあったので問題なかったです。

2021/2/17更新
フロントフォークをオーバーホールするため取り外しました。


この後分解して、
オイル全量交換、シール・カラー・メタル類を全交換します。


2021/2/18更新
フロントフォークに新品のオイルシールを圧入するための工具サイズが合わなかったので、
新たに適合サイズの工具を仕入れました。


2021/2/19更新
仕事があまりに忙しく体調が追い付かないため、
本日は助っ人を召喚しました。

トリシティのフロントフォークのオーバーホールです






全て清掃したら部品交換します。

シール・ブッシュ・メタル類は全て新品交換します。


フォークオイルを可能な限り正確に計量して入れなおします。


何とかフォーク4本のオーバーホールが完了し、
車体に組付けました。



本日の更新内容はここまでです。
更新時にはこの記事に写真や文章を追記します。

動画も取りながら作業しているので、後日Youtubeにも掲載する予定です。


2021年2月8日月曜日

ジャイロキャノピー クランクシャフトの交換

 

三鷹市のお客市のお客様よりお預かりした修理車両。
クランクシャフトの交換を行っています。

新品ベアリングを入れます。


ガスバーナーでクランクケースを温めます。


温めたら新品ベアリングを入れます


するっと入ります。


問題なく入りました。



エンジン本体側も同じク作業します。

バズバーナーで温め

ベアリングを入れます

問題なく入りました


新品のオイルシールを圧入して、
新品のクランクシャフトを取り付けます


プッシュピンも新品交換しています。


無事にクランクシャフトを入れることができました。






2021年2月7日日曜日

プラズマカッターを導入。

こいつでバイクリフトを作成する予定



バイクリフトの構造を勉強中。

 こいつを元に、ジャイロキャノピーを持ち上げられるリフトを作成したい(・・;)



2021年1月23日土曜日

ジャイロキャノピー専用オプション,ガジェットマウント・バー(ハンドルバー・マウンター)★スマホや充電器など各種ガジェット取り付け可能

商品番号:ZHB05_ST,ZHB05_CB,ZHB05_HCB

商品名:ジャイロキャノピー専用・ガジェットマウント・バー

当店で販売している、ジャイロキャノピー専用のハンドルバーです。

メータの少し上に、各種ガジェットの取り付けを行う事が出来ます。


ZHB05_ST:バーの素材がステンレス製の通常版
:22,440円

ZHB05_CB:新商品★バーの素材がカーボン(平織・グロス)
:24,640円

ZHB05_HCB:新商品★バーの素材が高強度カーボン(綾織・マット)
:26,620円


個人様への商品のみの販売は基本的にお断りしております。
※バイクショップ様からの業販取り寄せ依頼であれば、ご対応いたします。

ご注文・お問い合わせはお電話ください。
090-9200-5405
03-5969-9848


バーの素材はステンレスまたはカーボン製です。
各部ボルトはステンレス製です。
クランプはアルミ製・取り付けプレートは鉄製(黒塗装)です。

以前のバーは鉄製でしたがサビが発生するので材料を変更しました。

以下の写真はステンレス製のバーの写真です。

バーの幅は47センチ。スクリーンとほぼ同じ幅のバーです。

バーの太さは一般的なバイクハンドルと同じ22mmです。
そのため各種ガジェットを取り付けも可能です。
バーの幅が広いので、各種ガジェットの複数取り付けにも対応しております。

各部ボルトは錆びに強いステンレスです。




耐荷重性もばっちりです。


耐荷重の例です。
大型スマホ・USB充電器・ドライブレコーダー・ドリンクホルダーに500ml。
これだけ搭載して走行しても全く問題有りません。




ハンドルを最大まで動かしても手とバーが接触しません。
当商品の優れた部分の一つであり、ご利用の方から最も感心される部分です。
他社製品をご利用の方には、ハンドルを最大まで動かせなくて困っている方も多いのではないでしょうか。
 
↓の写真にてご確認ください。



メーターや前方視界を塞がない位置で搭載できます。


ご覧の様に大型ガジェットでもメーターをふさがない高さに設置出来ます。

運転時の視界は取り付けるガジェットによって変わります。
ユーザー様で安全な視界をご確認の上でご利用願います。


万が一更に大きなガジェットを取り付ける場合でも、
バーの幅が広くガジェット位置を調整可能なので、
メーターを隠さないように設置が出来ます。


当店で取り付けに時間は30分~1時間ほどです。
スクリーンに6mmの穴をあけフレームとサンドイッチする形で取り付けます。
スクリーン割れを防止するクッション材も付属します。




バーと同時にUSB充電器やグリップヒーターの取り付けも承っております。
ホンダ純正オプション・社外品ともに常に在庫するよう心がけておりますので、
ジャイロキャノピーへのオプション取り付けは当店までご相談ください。


デリバリーなどの業務に使用するバイクとして、
他店で車両購入やUSB充電器の取り付けを済ませ、
最後に当店でガジェットマウントハンドルバーを取り付ける方が多いですが、
『最初からタナベファクトリーで全部頼めばよかった』
というお言葉を多数頂戴しております。


ハンドルバーの製造に関して、
デリバリー業務や訪問看護に従事するお客様からの情報フィードバックを頂いて制作したこだわりの設計で、すべて一つづつ手作りしております。
私自身、商品価格としては非常に高いと思いますが、その理由は上記の通りです。


取り付け時にも細心の注意を払って取り付けますので、安心してお任せください。
当店は車両整備はもちろん、電気配線などの作業時にも一切の妥協を行いません。

社外品のUSB充電器やグリップヒーターの取り付けに際して、リレーやヒューズの増設を行ったり、配線のつなぎ方でも【作業は大変だけど安全な方法】で作業するなど、細かな気を配ります。

これらの作業費用に関しても費用は高めに頂戴しておりますが、快適性・安全性にこだわるが故です。
商品が【取り付けたその時に動作する】のは当たり前です。
しかし1年後、2年後も安心して使えるように、取り付けたり、万が一取り外したり再整備したりする際にも安全に取り外せるようにするなど、整備性も考えて取り付けるのが当店のこだわりです。

純正オプションはもちろん、社外品も含めた各種カスタムパーツも、ガジェットマウントバーの取り付けと同時作業すれば多少はお値引きも可能ですので、よろしければご検討いただければと思います。




----以下・PR欄です----

当店はジャイロシリーズ専門店です。
営業・デリバリー・訪問系業務の車両は当店にお任せください。

整備・販売・買取可能!
業務に便利なハンドルバーや充電器の取り付けも承ります。
ミニカー化・塗装・社名ステッカーの作成なども可能です。
お客様のご要望に応じた様々なカスタムが可能です。


090-9200-5405 タナベファクトリー 田邉ケータイ
03-5969-9848 タナベファクトリー 店舗
http://tnbf.jp/ タナベファクトリー ホームページ


http://nav.cx/edbUCbE