ページビューの合計

2021年2月14日日曜日

2月19日の作業を更新_ヤマハ トリシティ 整備

販売車両のトリシティーの整備を掲載します。

※コロナウイルスによるデリバリーバイク(ジャイロキャノピー)の整備需要が増加し、
仕事のご依頼が非常に多くなってしまい体調を崩しております。

このため仕事量をセーブしてのおりますので、通常より納期が長くかかっております。
修理や納車をお待ちのお客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解願います。

販売車両の整備内容です。

フロントフォークオーバーホール、
前後ブレーキ、
駆動系、
バッテリー、
点火プラグ、
吸気フィルター、
エンジンオイル・ギヤオイル、
などを含め、24か月点検相当の整備を実施します。
(こちらの車両は125ccですが、250cc超バイクの車検時と同じ整備の内容です)


まずはフロントフォークのオーバーホールのため、前輪を取り外し。
ブレーキ整備も同時に実施中です。

前輪を外して車体を吊った状態で2月13日夜の地震が来ましたが、
ラッシングベルトを大量に掛けてあったので問題なかったです。

2021/2/17更新
フロントフォークをオーバーホールするため取り外しました。


この後分解して、
オイル全量交換、シール・カラー・メタル類を全交換します。


2021/2/18更新
フロントフォークに新品のオイルシールを圧入するための工具サイズが合わなかったので、
新たに適合サイズの工具を仕入れました。


2021/2/19更新
仕事があまりに忙しく体調が追い付かないため、
本日は助っ人を召喚しました。

トリシティのフロントフォークのオーバーホールです






全て清掃したら部品交換します。

シール・ブッシュ・メタル類は全て新品交換します。


フォークオイルを可能な限り正確に計量して入れなおします。


何とかフォーク4本のオーバーホールが完了し、
車体に組付けました。



本日の更新内容はここまでです。
更新時にはこの記事に写真や文章を追記します。

動画も取りながら作業しているので、後日Youtubeにも掲載する予定です。


0 件のコメント: