ページビューの合計

2019年7月10日水曜日

ジャイロ用ガジェットバー

仕入れた車両に元からついていたバー(メーカー不明)を、取り外します。


バーの幅が狭いのでスマホホルダーの位置が悪く、
メーターが隠れて見えません。

ハンドルを動かすと指がステーに当たってしまいました。

普段から指を挟まないように意識していれば大丈夫だとは思うのですが、
急ハンドルや事故の際には指を挟んでしまうかもしれません。

バーは固定されてなくてグラグラでした。
ボルトが緩んでいるんでしょうか。

スルスル動いてしまいます。

上の方に載せた写真で解ると思いますが、
動かないようにガムテープでグルグル巻きに固定されていました。
取付ミスが有ったのかもしれませんね。

動いてしまう状態の動画を撮っておきました。



この車両は当店で販売する車両なので、
この商品が付いた状態では販売できないので取り外しておきました。

ガジェット取り付けをご希望の方は、当店のガジェットバーをご検討ください。


当店で制作したガジェットバー(ハンドルバー)です

たくさん付けてもバーはガッチリ固定されています。
メーター視認性もバッチリです。

もちろん手も当たりません。

急ハンドルで指をケガする心配も有りません。

販売車両 ジャイロキャノピー 整備(管理番号:SG02)

販売用に仕入れたジャイロキャノピーを整備しました。
整備内容の確認と記録の為にブログに記事を残します。

在庫管理番号はSG02です。
整備完了後はグーバイクに掲載します。

まずエンジンを分解します。

シリンダーヘッドを取り外し。

シリンダーも取り外します。

シリンダー内壁は僅かにカーボン付着。
研磨して再利用可能です。

駆動系を分解整備します
クラッチ(トルクカム)です。

トルクカムの溝は摩耗が無かったので、清掃・グリスアップしておきました。

プーリーASSY・ウエイトローラーは摩耗が有ったので、新品交換。
ベルトも新品交換します。

ウエイトローラーは純正8.5gよりも若干軽い8.0gにしてみました。
都内でのデリバリー業務などを想定してゼロ加速を優先したセッティングです。

ピストンやピストンリングは新品交換し、
モリブデン処理をして再組立て。

組み立て後の状態です。

排気ポートはカーボンを完全除去し、
若干の経路拡大を行いました。


キャブレターも完全分解。

ジェット類も分解清掃。

駆動系組み立て後


エアフィルターは新品交換

勿論プラグも新品交換

リヤ・ブレ―キシューも新品交換



2019/7/9 続きます。

この車両のお問い合わせは、当店のホームページからお電話ください。
当店ホームページはコチラ

2019年7月5日金曜日

タンデム仕様ジャイロキャノピー制作 車両整備(管理番号:SG03)


先日ジャイロキャノピーのタンデム仕様を受注したので、
ベース車両の整備を開始しました。

ボアアップはマロッシのフルキットを使用しました。
■シリンダー・ピストンASSY,
■ヘッドASSY,
■ピストンベアリング,

各ポートとピストンのエッジ部分は全て免取り処理をして組み立てました。


キャブレターをオーバーホールしつつ、メインジェットを交換します。


 メインジェットは85番を使用しました。


リードバルブはマロッシ付属のカーボンバルブに交換します。


シリンダーとインシュレーターを取り外した面は、
全てオイルストーンで研磨しています。


ガスケットを新品交換して組み立てました。


ボアアップシリンダー組み立て後。



プーリーは横綱ハイスピードプーリーを使用。
ウエイトローラーは7.0グラムを6個使用しました。


クラッチユニット内のトルクカムは完全分解して洗浄。
新しいグリスを入れて組みなおしています。


駆動系の整備が終わった状態



リヤブレーキシュー新品交換


エンジンシュラウドは破損していたので在庫車両の部品と交換。




2019/7/5の作業は以上です。
続きます。

ご注文・お問い合わせは当店ホームページ

ジャイロキャノピー マフラー清掃

2ストオイルが詰まって使用できなくなったマフラーが何本か溜まってきたので、
アルカリ溶液で洗浄して再生しました。

これらのマフラーは中古車両の再生に使用します。

ご注文・お問い合わせは当店ホームページ

2019年7月3日水曜日

タンデムキャノピー用 FRPルーフ(屋根)の制作

タンデム仕様ジャイロキャノピーに関して。

車両が長くなり、ルーフも2枚張り合わせるのですが、
毎回ルーフを2枚消費するのもイヤですし、
長さや幅もいまいちなので、FRPで新規に製作します。

まずは純正ルーフを切り張りして、ロングルーフの凸型を作ります。

この凸型を元にFRPで凹型を製作します。
その凹型に再度FRPを張り直し、屋根を作ります。

まずは凸型の制作です。

屋根の制作は、受注していたタンデム仕様ジャイロキャノピーの上で開始しました。
制作したタンデム用フレームの上で新たに仮の骨組みを組んで、
その上に純正の屋根を切って作ったパーツを載せていきます。

この方法で屋根を大きく、長く、作り直します。


パーツのスキマはFRPとパテで埋めます。


納期の関係でこの車両上でのルーフ作成を中止する必要が有ったので、
一旦車両から屋根(凸型)を下ろします。

この屋根(凸型)はまだ形状を作っただけなので、強度不足です。
このまま取り外すと確実に割れてしまいます。

このため、まずは屋根の下に強固な骨組みを制作。
この骨組みの部材費用だけで数万円掛かりましたが、先行投資だと思うことにします。

無事に車体から屋根を取り外し、割らずに降ろすことが出来ました。


低い位置に移動したことで、パテ盛りや研磨がしやすくなったのはメリットでした。

FRPの仕上がりに影響しますので、綺麗に面を出します。


表面の処理が済んだので一旦ウラ返します。

補強の為に発泡ウレタンを盛りつつ、更に骨組みを付けます。

全面にウレタンを盛り、骨組みを完成させます



続きます

ご注文・お問い合わせは当店ホームページ