ページビューの合計

タナベファクトリー HomePage

2016年7月20日水曜日

タンデムキャノピーDX_(12) ボアアップエンジンのセッティング

タンデム仕様 ジャイロキャノピーDX

前回の記事で車両作成は完了したのですが、
エンジンの事を記事にする機会が無かったのでそちらを書きます。


ボアアップエンジンの最終調整。

組み立てる前にピストン・ピストンリング・シリンダーを2000番のペーパーで面取りします。
面取りした各部品はモリブデンのドライコーティングを施し、組み立て準備完了です。

まずはガスケットを通常より一枚多めにした、低圧縮仕様でエンジンを仮組します。

仮組したエンジンはアイドリングでしばらく放置します。
こうして馴染ませてエンジンの音をチェックします。

次に試走コースへ。
試走で問題なければ圧縮を通常に戻すためにガスケットを一枚減らして再度組み立て。

続いて駆動系とキャブレターのセッティングを行います。

何度かセッティングを変えて導き出した今回のセッティングは、
メインジェットは#85番、
ウエイトローラーは7.5グラム×6個、
が、ベストセッティングでした。

上記セッティングでは、低圧縮にもかかわらずトルクモリモリでスタートダッシュしてくれました。
計測用のタコメーターで7000回転まで回しつつ10分ほど試走した後にガレージに戻ってエンジンチェック。

プラグの焼け具合はキツネ色でバッチリでした。

ピストン・シリンダーのオイル潤滑も十分な状態で、
キズや焼けも発生していません。
ヘッド周りや排気口もカーボン汚れは全くなし。
これでエンジンの作業は完了となります。
外装の細かい部分の取り付けをして完成です。

エンジンセッティングは何度も組み立てたりバラしたりなのでとても重労働です。
ウチは40弱の私と、20代のスタッフ数人で仕事を回してますが、
若いスタッフがバリバリ働いてくれるからこそできる仕事ですね。
1日の内に何度もエンジンをバラすのは、私ひとりでは絶対に無理です。